SEO 福岡SEO 福岡相談

サテライトサイトとして相互リンク集サイトは有効なのか

サテライトサイトとしての相互リンク集サイト

各細かな解説は前後のページを参照して頂くとして、ここは結論とその解説に努めます。

結論としてはサテライトサイト(検索上位表示対策のみを目的とするサイト)で相互リンク集サイトを運営するメリットは無いとの見解を持っています。

やもすると、リンクファーム扱いとなり、これはWebスパムと言う高位に相当し、場合によってはあなたのリンクファームを発端にスパム認定されるサイトを芋づる式に引っ張りだす結果になる場合があるとも言われています。

しかし、リンク集を収益サイトの中に組み込むことは非常に有効だと考えています。なぜ、このような見解に至ったかと言うと、2012年から更新されているペンギンアップデートとパンダアップデートの内容を体感してからです。

通常、よくいるSEO業者の場合、メインサイト(収益サイト)よりもサテライトサイトの方が多いというのが一般的なのですが、これはリンクパワーの受け渡しが容易に検索エンジン上位表示に効果を発揮していた流れから、このような形態が生まれてきたと察することができます。

要は、コンテンツの内容(オリジナル性、アクセス数、滞在時間、ページビュー数など)よりも、リンク効果が優先されていた頃のアルゴリズムです。

今も、もちろんリンクのSEO効果と言いますか上位表示への影響力は顕在と言えますが、そのパワーを適切に引き出すためには、いくつもの条件が付加された問い得る状況になっているようです。

簡単に言うなら、ページランクの高いページからリンクされているのなら、それに見合うコンテンツ内容が必要。もしくはページランクが低くても無数のページからリンクされているのなら、そう言ったことが起こりうるコンテンツ内容が必要で、そう言った条件が満たされた時にリンク効果が表に現れるもしくは、満たされない場合に過剰SEOのレッテルが貼られ、ペナルティを受けたような現象を起こす場合があります。

また、これまでリンク対策で上位表示させていたコンテンツ群は、先述の仕組みを経て、リンクの効果が評価されなくなって順位を落としたと考えられる場合と、リンクパワーとコンテンツの評価に不均衡が起こり、過剰SEOのレッテルが貼られ、順位を大幅に落としたと考えることができます。

しかし、慌ててはいけません。

このような現象が起こっても回復する方法はありますし、これまでの経験では状況によって1ヶ月以内にもとに戻るという現象も起こっています。こういった減少においてはリンクSEOとホームページSEOに関してのみ情報を掲載している特設サイトをご覧頂き解決策を見つけて頂けたらと思います。

では、相互リンクを上手く使ってサテライトサイトをどのように自作すれば良いのかを考えてみましょう。

この続きは 相互リンク集の作り方まとめ で紹介しています。

SEOを福岡で依頼するなら記事代行。