SEO 福岡SEO 福岡相談

相互リンク集ページや相互リンクサイトを作る際のポイントまとめ

相互リンク seo

相互リンク集を作り有益なリンクを発するためには、自作自演ではなく「自作他演」の状態を作り上げなければなりません

あなた自身が、相互リンク先の相手さんに有効なリンクと認識される相互リンク集を作ることによって、同じ事を相手さんに行なって頂くという努力が、最終的にお互いの相互リンク集、また上位表示対策、SEOに有効な相互リンク集の構築に繋がるということなのです。

では、相互リンク集を構築する際にポイントとなるキーワードを抑えながら有益な相互リンク集の作り方をおさらいしましょう。

相互リンク集に必要な6つのキーワード

相互リンク集を作るのに抑えるべきポイントは下記の6つになります。

1つ目「割合」
相互リンク集を作る際にまず気をつけなければならないポイントは、コンテンツ(記事)部分とリンク部分の割合です。

しかし、はじめからこの割合を最適にすることは難しいと言えます。なぜならどれだけ相互リンク先が集まるかが未知数だからです。そのためにもし、リサーチする時間が取れるのなら、一定期間は一方的な初リンクになることを覚悟して、あなたが構築したいジャンルで相互リンクを受け入れてくれる相手先を予め見つけておくと良いでしょう。

この時の割合は相互リンク10に対し600文字以上をひとつの目安として頂きたいと思います。これが2つ目のポイント「記事」にあたります。

2つ目のポイント「記事」
相互リンク集の構築で重要になるのは、リンク数と記事、文字数との割合ですが、リンク先との関係や滞在時間、クリック率などとも密接に絡み合ってきます。

そこであくまでも目安ですが、SEOにもうひと工夫の構成が基準となるのですが、1つのリンク先の説明文は60文字から100文字程度、可能なら200文字くらい使って説明文というよりも誘導文にしたほうが良いのですが、宣伝文にしてしまい、相手先へのクリック率ばかり気にすると、そのページの滞在時間が損なわれますので、文章の内容と文字数への工夫が必要になります。

キャッチーで関連性のあるテキストで相手先に対しリンクしたなら、他のリンク先の説明文(誘導文)も読みたくなるような文章を考えましょう。

目安としては、3リンク3解説1クリックとなるように文章を考えましょう。この際、どのリンク先をクリックさせた方がご自身の利益になるかも考慮し、組み立てるとかなり秀逸な相互リンク集ができます。

3つ目のポイントは「関係」
あなたと、リンク先との関係やポイント2で解説した、誘導文や解説文、またこの相互リンク集でも行なっているような、相互リンク掲載スペースの前後に盛り込むテキストと相互リンク先への関連性と言いますか、関係を戦略的に組み立て、リンクとテキストの割合を決めることが重要になります。

このサイトで行なっている相互リンク集の組み立て方式は、相互リンク掲載の前後に記事を掲載する「情報コンテンツ型相互リンク集」と分類することができます。(もうひとつの方式は「詳細解説型相互リンク集」)

相互リンク集は基本的には、過去Yahoo!ディレクトリなどで採用されていた詳細紹介型のリンク集が基本となり、その記事との割合などが設計されますが、ジャンルを統一しなければならなかったりと色々な制約がかかりますので、私はより自由度の高い情報コンテンツ型相互リンク集の構築を推薦しています。

また、この場合、相互リンク先との関係はほとんどないと言えますが、場合によっては相互リンク先のサイト内容を見ながら関連性を持たせるせることも不可能ではありません。

例えば、このページに掲載されているキーレス型スパイカメラ スパイダースX-A260というリンク先ですが、このページに掲載している相互リンク集の作り方という内容とは関係ない商品ではありますが、ここにスパイカメラのことやちょっとだけでも(50文字程度)アンカーテキスト内にある言葉を使いながら、文章を組み立てるとスパイカメラに関するコンテンツとしてロボットに認識させることが可能になります。ただし、人間がこの文章を読んだだけでは、キーレス型スパイカメラに興味はわきませんので、クリックされることはありません。

こういったことがなぜ言えるかと言うと、相互リンクではなくコンテンツの質とサテライトサイトからのリンクという検証方法を使えば、過去にも他の方の事例をたくさん見つけることができますし、ワードサラダなどのシステムが吐き出した文章と人間が手打ちした文章の中にキーワードを盛り込みながら、そのリンクをクリックさせない記事を書くという検証を行なえば、どなたでもその結果をご自身で確かめて頂くことが可能です。

そして、ここでポイントとなってくるのが4つ目と5つ目のポイントとなる「時間」と「クリック」です。

相互リンク集のコンテンツで上げるのは滞在時間かクリック率か

相互リンク集の作り方後半からは戦略がとても重要になて来ます。それは4つ目と5つ目のポイントでもある「滞在時間」と「クリック率」という相反する要素の組み立てを戦略的に行なう必要があるからです。

まずは、4つ目のポイント「時間」
この時間というのは「ページ滞在時間」を意味します。多くの相互リンク崎戸の提携はとても重要ですが、質の高いSEOを理解してある方から相互リンクを頂く事が、より効果的なのは言う間でもありません。

しかし、SEOにおいてはどういった施策が得意で、どういった施策は苦手、もしくは知らないということは少なくありません。その理由はアルゴリズムが300以上あると言われるからですし、300種類のアルゴリズムを全て対策しなくても上位表示できてしまうことが少なくないからです。

ページ滞在時間を伸ばすためには、相互リンク先へのリンクをクリックさせるまでの時間を稼がなければなりません。また、ページビュー数相互リンク集で稼ごうとすると、相互リンク先へのクリック率を下げる結果となってしまいます。ページビュー数はそのサイトの評価を上げる上で必要な要素ですが、あまりこの数字を上げすぎると相手さんにとって有効なリンクにならないと言ったことが起こりますので、滞在時間を一定時間以上確保した後、相手さんサイトへのリンクをクリックさせるという構成を撮らなければなりません。

この場合のクリック率の計測は難しいことから、一定量以上のテキストでまずは「滞在時間」を確保することに努め、次にポイント3の「関係」を設計し、クリックされるよう設計することが重要なのです。では、どのようにしてクリック数を上げるのか、一定時間以上の滞在時間を確保した後クリック数を上げる方法を事例を挙げながら解説しましょう。

5つ目のポイント「クリック率」
有益な相互リンク集との評価を得るためには、コンテンツとして、情報としての評価が必要ですので、アクセス数と滞在時間、そしてページビュー数が必要になります。そのためには情報サイトとしての役割を果たす必要があるのですが、相互リンク先のノンシリコンシャンプーのサイトで行なわれている通り、情報コンテンツが豊富に詰まっておいり、尚かつ相互リンクも募集しながら、特別なリンクに関しては、解説文を加えると言った工夫が必要になります。

リンクの質を上げるために、リンクの掲載箇所は本文内部がよく、ソース上の上部の方が良いと言ったことも言われますが、実はリンクに関して言えばソースの上の方でも上すぎると不自然であり、リンク目的のページと言うレッテルを貼られる危険性があるという報告も受けています。

この他、本文の最下部が良いという意見を見聞きされたことがある方も少なくないでしょうが、これは「続きはこちら」や海外サイトで言う「Learn more」リンクが文章の最後にありクリック率が高いことから「有効な掲載箇所」と呼ばれているようです。ただし、このようなケースでもクリックされる率を上げることができますので、例えばこのサイトを見てください→ 大人ニキビ このサイトですが、いくつかのサイトとトップページから相互リンクを行なっています。非常に少ない数ですが、このサイトの場合は、このページ自身が恩恵を受けるような相互リンクの提携の仕方を行なっており、先方へのクリック率向上には努めていません。(参考にしてみてください。)

こういった目的サイトの場合は、クリック率を上げてしまうとそれは離脱率となってサイト自身をマイナス評価にさせてしまいますので、避けなくてはなりません。その代わりと言っては何ですが、このホームページのように相手さんサイトへのクリック率も上げるように代表的な相互リンク集の形態を持つサイトとリンクしながら相互利益を生み出すように作り込んでいくわけです。

そして、最後6つ目のポイントとなります。

6つ目のポイントは「更新」
相互リンク集サイトの場合は、一般的な情報サイトと違って「更新」という作業が比較的楽に行なえるホームページ形態のひとつと言えます。

その理由は、一般的な情報ページの場合は一度作ったページを修正したり、そのページへコンテンツを足したりする所謂「ページの更新」というのはなかなか行なえるものではありません。そのために、そう言ったサイトの場合は一般的に「ページを追加」することで、新着情報が掲載されるトップページやサイドバーが更新されることによってサイト全体が更新されると言う「ページ追加」に伴う更新というやり方が採用されています。

それに比べて相互リンク集の場合は、相互リンク先が追加されれば1ページ内に規定している初リンク数に達するまでは、そのページにコンテンツが足されていきますので、純粋な「更新」作業を行うことができます。

しかし、この場合も毎日更新したところで毎日クローラーが回ってきていない場合、例えば2週間に1度しかクローラーの訪問がなかったとしたら、最悪の場合は毎日更新しても14回の更新内容が1回のクローリングで確認されますので、検索エンジンには1回の更新となります。諸説あるようですが、更新を頻繁に行ないXML形式のサイトマップをグーグルに送ることで更新頻度とクロール頻度を合わせることができ、SEOに有効だともいわれているようです。(やはりこういったことを児童で簡単に導入できるWordPressは楽と言えます)

この6つのポイントを抑えながら、相互リンク集、または相互リンクサイトを構築し運営する、更にはこういった高レベルの相互リンク集の運営者仲間を複数もったりそう言った仲間の輪に入ることで、自作他演ネットワークを構築することに繋がり、これ相互補助の精神から高いSEOスキルを持ったもの同士、高いSEOリテラシーを持ったグループでの活動となりますので、Webスパムとはなりにくく、個人では到底コストに見合わないIP分散やドメインエイジ分散などのSEO要素攻略も意識せず自然なカタチで積み上げられていくことが可能になるわけです。

この相互リンクに関するフレームワークはこれで終わりとなりますが、最新の相互リンクSEOの方法などは、こちらのリンク seoのサイトをご覧頂き、最新情報をGETして頂ければ幸いです。

SEOを福岡で依頼するなら記事代行。