SEO 福岡SEO 福岡相談

相互リンク解説文をオリジナル記事で書く理由

相互リンク集の作り方

ここでは、相互リンク集を価値あるコンテンツに生まれ変わらせるひと工夫事例SEOにもうひと工夫のページで行なっている「相互リンク先の解説文をオリジナル記事で書く」という手法にどんなメリットがあるのかということをお伝えします。

ひとつは、相互リンク集の内容にもよってその各々のリンク先の解説文の内容は変わるのですが、このページのように表形式の相互リンクやリスト形式でテキストリンクが縦に並ぶだけのリンク集ではなく、各リンク掲載の前後にテキストがあることによって、そのテキストはリンク先の内容やその掲載しているサイトとの関連性などを表すコンテンツと認識されると言われ、リンク効果を高める作用があると言われています。

また、相互リンクから若干のアクセス誘導が出来るという話もありますが、この解説文の内容によっては、そのアクセス誘導を促進したり、逆に相互リンク先のリンクをクリックするということは、あなたのサイトから離脱することになりますので、それを防ぎ、また別のページにアクセスさせ、ページビューとサイト滞在時間を増やすことができるように工夫することもできます。

 先の相互リンク集のひと工夫サンプルの解説記事の意図をここで解説すると、ここで取り扱っているのはちょっとややこしいですが、相互リンク集の相互リンク集ですので、相互リンク先を探している方の割合が多いかと思います。

ですので、サンプルで行なったのは良質な相互リンク集かどうかをご紹介しながら、適切なリンク先を紹介する問い言うことを行なっているわけです。

今回のメンテナンス時に239件あった相互リンクは144まで減ってしまっているのですが、その全ての解説を1回のメンテナンスで書き込むのは作業的に莫大なものになりますので、初回メンテナンスでは1ページだけに致しましたが、そうすることで、劣悪なもしくは程度の低い相互リンク集サイトやページとの相互リンクは解消しているということをお察し頂けるかと思いますので、現在掲載しているサイトは比較的優良なサイト群であることを感じて頂けるかと思います。

これらのメンテナンスは、他の業務との兼ね合いと効果との兼ね合いからそんなに頻繁には行なえませんが、各リンク先の解説を書き加えるという次回の更新作業が待っていますので、各ページは定期的に更新されているという検索エンジンが好むサイトメンテナンスが行なわれているという評価を得ることができます。

実はサイト運営の難しさや煩わしさ、SEO対策を外注に丸投げする理由の多くが「何をやったらいいのか分からない」ということなのです。逆を言えば何をどのくらいの頻度で実施すれば検索エンジンに好まれるホームページ運営になっているのかということを知ることができれば、SEO対策というのはそれほど難しいものではないわけなのです。

では、次のページでは相互リンク集のメンテナンスを行なう際に、実際に私が今回行なったことを踏まえながら、具体的な「やること」と「どうしてやるのか」を解説したいと思います。

SEOを福岡で依頼するなら記事代行。