社内SEO対策

ブログ記事代行ブログ運営代行
ブログでネット集客
シェア
記事代行.com > SEO対策 > 社内SEO対策にはWordPressが向いている?とは言っても

社内SEO対策にはWordPressが向いている?とは言っても

記事代行WordPressはブログ感覚で更新でき社内SEOには向いているが

WordPressと言う世界で一番人気のCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使えば、自社のホームページをブログ感覚で更新できるので、社内SEO対策に向いているということは言えますが、この「記事代行」のサイトをご覧頂けば分かるように、HTML形式の従来型ホームページでも、コツさえ掴んでしまえば、CMSと同様にブログ感覚でホームページの記事追加、更新。そして社内SEO対策を実施することが可能です。

記事代行社内SEO対策を始める前の準備

社内SEO対策を始める準備としては、大きく分けて2種類あります。

1つ目は、先程上げたように、ホームページ作成業者に依頼しWordPressを使ったホームページにリニューアルして、ブログ感覚で社内SEO対策の実現を図る方法と

この記事代行のホームページのように従来型のHTML形式サイトで、ブログに近い形で社内SEO対策を実施する方法の2通りです。

ホームページを社内SEO対策用に改修する場合と、ホームページ作成ソフトを使って行なう場合を簡単に比較してみましたが、そのメリットでメリットは上げれば切りがありませんし、状況によっても大きく異なってきます。

既に、アメーバブログなどのブログサービスで記事の追加更新に慣れていれば、イニシャルコストはかかるかもしれませんが、ホームページの改修の方が安く付く場合もあるでしょうし、社内SEO対策が実施可能かどうかなど御社の社内事情が整っていない場合などは、初期費用のかからない点でホームページ作成ソフトを導入し、様子を見た方が良いと言えるでしょう。

社内SEO対策を進めていくということは、将来的にホームページ作成ソフトは自ずから必要になってきますので、速い段階で慣れていくというのもひとつのてかもしれません。

どちらの場合でも、「ホームページの目的」によって、運営の仕方は変わってきますし、SEO対策に関しても、実戦すべき施策とその優先順位が異なってきます。

iPhoneなどのスマートフォンの普及やiPadなどのモバイル端末の普及。それに伴ったパソコンの仕様変更などで、ホームページに求められることが細分化されてきました。

ぜひ、御社に合ったホームページの運営方針の軸をお決めになって、適切なSEO対策を実施してみてください。